タッチデバイス

新しいデバイスが届きました。

ロジクールのタッチパッド「T650」です。image

真ん中の正方形の物体がブツです。

今まで使っていたマウスが古くなり、ゴム製の部分が削れて手や設置面が黒く汚れてくるようになったため買い替えを決意しました。

購入に当たり色々検討したのですが、なるべくキーボードから手をはなさずにカーソル操作ができるデバイスということで、このタッチパッドにしました。

ひと昔前のタッチパッドは非常に使い辛いシロモノで、ノートパソコンにオマケでついてくるパッドのイメージしかありませんでしたが。
AppleのMagic Trackpad(マジ虎)以来、タッチパッドが大きく進化したように思います。

WinユーザーとしてはAppleのマジ虎は憧れでしたが、T650でようやくそれに近い操作感のデバイスがWinでも使えるようになりました。

二本指タップで右クリック。
二本指スワイプで上下左右のスクロール。
三本指スワイプでアプリケーションの切り替えや、デスクトップの表示、戻る、進む。
ピンチ操作で画面のズームイン、ズームアウト。

この辺の操作ができることで、従来のタッチパッドとは比べ物にならない用な操作性を得ることができるようになっています。

もちろん、使い慣れたマウスの方がしっくり来るし、細かい操作はマウスに軍配が上がる気もしますが、私にとっては十分使えるデバイスのようです。

何より、キーボードの手前に配置することで、マウスに握り変えることなくカーソル操作ができるのがとても素晴らしい点です。

また、写真の通りキーボードアームと併用することで、常に手の位置を膝上付近から離す事なくすべての作業を完結できることで、肩の疲れ方がかなり緩和されることが期待されます。

この辺、気になる方は「膝上キーボード」でググってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です